アルファベット順

[アルファベット順] [掲載順] [DLL順] [カテゴリ順] [WindowsAPI関数集]

A
accept ソケットへの接続試行を受け入れる
B
bind ローカルアドレス、ポートをソケットに関連付け(バインド)する
BitBlt デバイスコンテキスト間でビットマップを転送
C
CancelIo 呼び出し側スレッドが発行した指定ファイルハンドルの未処理I/O操作を取り消す
cdtDraw トランプカード画像を描画
cdtInit トランプカード画像を初期化
cdtTerm トランプカード画像を開放
CloseHandle 開いているカーネルオブジェクトのハンドルを閉じる
closesocket ソケットを解放
connect ソケットを指定したアドレスに接続
CreateEvent イベントオブジェクトを作成またはオープン
CreateFile ファイル等のオブジェクトを作成またはオープン
CreateThread カレントプロセスにスレッドを作成
CreateWindowEx ウインドウを作成
CryptAcquireContext CSPのキーコンテナハンドルを取得
CryptCreateHash ハッシュオブジェクトを作成
CryptReleaseContext CSPのキーコンテナハンドルを解放
D
DestroyWindow ウインドウを破棄
E
ExitProcess 一つのプロセスとその中のスレッドを全て終了させる
F
FileTimeToSystemTime ファイルタイムをシステムタイムに変換
FILETIME構造体 1601年1月1日からの経過時間を100ns単位で格納
FindClose ファイル、ディレクトリの検索を終了
FindFirstFile ファイル、ディレクトリの検索を開始
FindNextFile ファイル、ディレクトリの検索を続行
FreeEnvironmentStrings 環境変数ブロックを解放
FreeLibrary DLLの参照カウントを一つ減らす
G
GetCommandLine カレントプロセスのコマンドライン文字列ポインタを取得
GetCurrentThreadId カレントスレッドのスレッドIDを取得
GetDC ウインドウのデバイスコンテキストハンドルを取得
GetDesktopWindow デスクトップウインドウのハンドルを取得
GetEnvironmentStrings カレントプロセスの環境変数ブロックポインタを取得
gethostbyaddr ネットワークアドレスに対応するホスト情報を検索
gethostbyname ホスト名に対応するホスト情報を検索
GetMenu ウインドウに割り当てられているメニューバーのハンドルを取得
GetModuleFileName モジュールのファイル名を取得
GetMonitorInfo ディスプレイモニターに関する情報を取得
GetNkfVersion nkf32.dllのバージョンを取得
GetPrivateProfileString INIファイルからキー文字列を取得
GetProcessHeap カレントプロセスのデフォルトヒープハンドルを取得
GetWindowText ウインドウテキストを取得
H
HeapAlloc ヒープからメモリブロックを確保
HeapCreate プライベートヒープオブジェクトを作成
HeapDestroy プライベートヒープオブジェクトを破棄
HeapFree ヒープのメモリブロックを開放
HeapReAlloc ヒープメモリを再確保
hostent構造体 ホスト情報を格納
htonl 32ビットホストバイトオーダーをネットワークバイトオーダーに変換
I
inet_addr IPアドレス文字列をネットワークバイトオーダーに変換
InitCommonControlsEx 特定のコモンコントロールクラスを登録
K
KillTimer ウインドウタイマーを削除
L
LineTo カレントポジションを始点に直線を描画
listen ソケットを接続待ちにする
LoadLibrary モジュールをプロセスにマッピング
lstrlen 文字列の長さを計測
M
MENUITEMINFO構造体 メニューアイテムの情報を格納
MessageBox メッセージボックスを表示
MonitorFromWindow 指定のウインドウと交差する部分が最も大きいディスプレイモニターのハンドルを取得
MoveFile ファイルやディレクトリを移動
MoveMemory メモリブロックを移動
N
NkfConvertSafe 文字列をコード変換
O
OVERLAPPED構造体 非同期I/Oに使用する情報を格納
P
PathAddBackslash ファイルパス文字列の終端に\がない場合\を付加
PathAppend ファイルパス文字列を結合
PathCompactPathEx ファイルパス文字列を指定した長さに縮める
PathFileExists ファイルが存在するか調べる
PathFindExtension ファイルパス文字列から拡張子を検索
PathIsDirectory パスがディレクトリか判定
PathIsRelative ファイルパス文字列が相対パスかどうか判定
PathMatchSpec 文字列をワイルドカードにマッチするか判定
PathRemoveFileSpec ファイルパス文字列からファイル名部分を削除
R
ReadFile ファイルをバッファに読み込む
ReleaseDC ウインドウのデバイスコンテキストを開放
S
SECURITY_ATTRIBUTES構造体 オブジェクトのセキュリティ記述子を格納
select 単一または複数のソケットの状態がそろうまで待機する
SendMessage ウインドウメッセージを送信
SetCursorPos マウスカーソルを移動
SetFilePointer ファイルポインタを移動
SetMenuItemInfo メニュー項目に関する情報を変更
SetNkfOption nkf32.dllの変換オプション文字列を指定
SetTimer ウインドウタイマーを作成
SetWindowLong ウインドウの属性を変更
ShellExecute ファイル、プログラムを起動
ShowWindow ウインドウの表示状態を設定
Sleep スレッドを指定時間停止
sockaddr_in構造体 アドレスファミリー、IPアドレス、ポート番号を格納
sockaddr構造体 IPアドレス、ポート番号を格納
socket ソケットを作成
StrChr 文字列から文字を検索
StrCmpN 文字数指定で文字列を比較
StrCmpNI 大文字小文字を区別せず文字数指定で文字列を比較
StrStr 文字列から文字列を検索
StrStrI 大文字小文字を区別せず文字列から文字列を検索
StrToInt 文字列を整数値に変換
StrToIntEx 10進または16進表記の文字列を数値に変換
StrTrim 文字列の両端からトリムを削除
SYSTEMTIME構造体 日付と時刻を扱いやすく且つ詳細に格納
T
TextOut 現在選択されているフォント、背景色、文字色で指定した位置に文字列を描画
ThreadProc スレッド処理を記述したアプリケーション定義のコールバック関数
U
UrlUnescape URLエンコードされた文字列をデコード
V
VirtualAlloc 呼び出し側プロセスの仮想アドレス空間に領域を確保
VirtualFree 呼び出し側プロセスの仮想アドレス空間に確保した領域を解放
W
WaitForSingleObject 一つのオブジェクトがシグナル状態になるまで指定時間待機
WIN32_FIND_DATA構造体 ファイル検索関数によるファイル情報を格納
WriteFile ファイルにデータを書き込む
WSACleanup Winsockを開放
WSADATA構造体 Winsockの実装に関する情報を格納
WSAStartup Winsockを初期化
Z
ZeroMemory メモリをゼロで初期化